2019-10-17

【2019】 アメリカの最新インテリアデコレーション!秋に取り入れたいトレンド4選

いつの間にか季節はもうすっかり秋。

お気に入りのセーターにくるまりパンプキン・ラテをすすりながら、暖かいおうちの中でぬくぬく過ごしたいですね。

ここでは、Better Homes & Gardensの記事を参考に、ちょっとした簡単な方法でご自宅をトレンディー、かつ秋らしい温かな空間にする4つのコツをお伝えします。

ハロウィンが終わったら、サンクスギビング(感謝祭)へ向けて本格的な秋に突入。典型的な秋のデコレーションとは一味違う今年のトレンドを取り入れて、ご自宅を素敵にアップグレードしてみませんか?

1.秋らしくない色を取り入れる

秋の色と言えば、落葉を思わせる黄色や茶色、かぼちゃのオレンジ色を思い浮かべる方が多いと思いますが、恐れずに意外な色を使ってみましょう。

意外な秋色とは?

ゴールド、ピーチ、エメラルドグリーン、ティール(青と緑の中間色)などは秋色として使えます。

アクセントカラーとして小さく使う

いややっぱり典型的な秋色が良い、という方でも、濃いパープルや黒を、いつもの秋デコレーションにアクセントカラーとして加えるだけで、新鮮でモダンな雰囲気を演出できます。

出典: Landeelu

2.室内プラントをデコレーションに使う

 

 

室内プラントを積極的に使ってみることで、簡単に秋のインテリアを演出することができます。

トレンディーな室内植物は?

特に今年は多肉植物を使うのがトレンドです。多肉植物は夏のイメージですが、デコレーション次第で秋らしくなります。素敵ですよね。

出典: Etsy
出典: HGTV

3.いつもと違うかぼちゃを使ってみる

一般的な秋のデコレーションに欠かせないのがオレンジ色のかぼちゃですが、今年は違う形、色、サイズのものをデコレーションに取り入れてみましょう。

小さなユニークな形のかぼちゃをいくつか買ってきて、オレンジ以外の色にスプレーペイントし、テーブルの上に飾ると可愛いです。

フェイクのかぼちゃも今後何年も使えて良いですね。

出典: One Kindesign

4.クッションカバーを変える

素材

クッションのカバーをベルベットやツィード、ニット生地のものに変えてみましょう。 温かみのある生地を使うだけで秋らしくなります。

ちょっと個性的な色をクッションカバーに使うとモダンな印象になります。デリシャス・カラー(プルーン色やパープル)がこの秋の人気カラーですよ。

出典: Better Homes & Gardens

◆最後に

秋の典型的な、つまりオレンジ色、黄色、茶色がメインでオレンジ色のかぼちゃを使ったデコレーションに飽きてしまったら、今年は以上のような方法を取り入れてみてください。

 

 

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: