2019-11-15

インテリアトレンドを予測!2020年のホームデコレーション7つの特徴

ファッションに流行があるように、ホームデコレーションのスタイルにも流行があります。

今日は、2019年から廃れ始めているスタイルと、2020年に取り入れていきたいホームデコレーションのスタイルについてご紹介します。

日本とアメリカでは流行は違いますが、お部屋の模様替え、家のリモデルやリフォームをなさる際の参考になればと思います。

また、アメリカでは中古不動産の売買が盛んなので、アップデートされたデコレーションで見せ方を工夫してマーケットに出すと早く売れるんです。トレンドを知っておいたほうが絶対得。

◆2019年フェイドアウトしつつあるスタイル

アメリカのインテリアデザイナーたちにインタビューしてまとめた雑誌の記事によると、ここ1~2年で流行している以下のスタイルの人気が、最近徐々にフェイドアウトしてきているようです。

ミニマリズム

クリーンなデザインと、白かベージュのみに色数を抑えたシンプルなスタイルです。そのミニマリズムにも、もっとたくさんの色やパターン(模様)を取り入れる方法で変化が生まれてきています。

ファームハウス・シック

ここ1~2年で急激に人気が出てきて大流行中の田園風とモダンが融合したカジュアルなスタイルです。誰もが取り入れられるスタイルではなく、都会のアパートやコンドなどでは場違い感があり、少々飽きられ始めてきているのが実情です。

ミッド・センチュリー・モダン

1940年代から1960年代にかけて生まれた建築、インテリア、家具のスタイルを進化させたミッド・センチュリー・モダン。このスタイルの人気も徐々にフェイドアウトしてきているようです。

◆2020年のインテリアトレンド

それでは、2020年のホームデコレーションとインテリアスタイルのトレンドの7つのポイントを以下ご紹介していきます。

1.ニュートラル

ニュートラルな色の人気は2020年も続くでしょう。

ボーン、ウール・ホワイトなど、白に近いソフトな色です。グレイの人気はだんだんフェイドアウトして、ボーンに移行しているようです。

引用元: HGTV

2.ブルー

ブルーと言っても、いわいる青色でもパウダーブルーでもありません。ムーディーでくすんだダークなブルーです。ネイビーブルーのカラーラインです。

引用元: HGTV

リッチでくすんだネイビー/ダークブルーがペイントされたキッチンやバスルームのキャビネットにを最近本当によく見かけます。

3. ジオメトリック (幾何学模様)のデザイン

この1~2年で人気が出てきたジオメトリックのデザインは、2020年でも続いていくでしょう。

壁にはアクセントとして壁紙を使うのが良いでしょう。バスルームのような小さな空間にも適しています。

引用元: BHG

アクセントチェアのファブリックにジオメトリックデザインを使うのも素敵です。

引用元: Wayfair

照明器具に取り入れるのもお洒落。

引用元: Wayfair

4.ゴールドメタル

ここ10年間ほどはステンレス・スティール、クローム、ニッケルなど、シルバーカラーのメタルが人気を独占していました。

2020年はブラス、ブロンズ、ゴールドの人気が復活しそうです。

引用元: Wayfair

ゴールドメタルは何となく古臭いイメージでしたが、最近ではモダンなスタイルを多く見かけます。ゴールドだけにこだわらず、シルバーと合わせるとゴージャスで洗練されたデコレーションになります。

引用元: Wayfair

5.ベルベット

高級感ある美しいベルベットやシルク素材を使ったスタイルの人気が戻ってきました。

引用元: BHG

ミニマリズムやファームハウススタイルでは使われなかった素材です。

2018年ごろからデザイナーたちの間ではよく扱われていましたが、2020年になってやっと一般の人たちからの人気に火が付きそうな予感です。

6.環境を考えたインテリア

再利用を心掛けたりリサイクル素材を利用するスタイルは、私たちの生活の一部です。

ペットボトルをリサイクルして作られた家具や床材をインテリアに取り入れていく傾向はこれからもどんどん高まってくるでしょう。

7.ホームオフィス

アメリカではホームオフィスで仕事をする人がどんどん増加しています。私の夫も4年ほど前から完全に家で仕事をしています。

これからの時代の住宅は、家庭生活と職場がミックスしたものになっていきます。

今でもアメリカの住宅には“オフィス”とか“スタディー”と呼ばれる部屋があるにはありますが、今後はオフィスとしてもっと機能的な空間が求められてくるでしょう。

奥さんが家事をこなしながら大きなキッチンアイランドで仕事もできるようにキッチンをリモデルする人も増えてくるでしょう。

最近の新築の家には、奥さん専用のオフィスとして、キッチンの一部にスペースが設けられているデザインも多くみられます。

この写真はPulte(パルティ) Homeという会社のThe Pulte Planning Centerという、キッチンに隣接して作られた小さなホームオフィスです。私の家の近所の新しい住宅開発地のモデルハウスで見て、次に引っ越す時にはこんなキッチンが絶対欲しいと思いました。動画付きです。もし興味があればぜひ御覧ください。

引用元: Pulte Home

2020年のインテリアトレンドについてはこちら記事もぜひご参考になさってみてください。

◆まとめ

これからの時代、テクノロジーと環境保全の2点は私たちの生活や家庭環境、ひいてはインテリアデザインやホームデコレーションのスタイルにも大きな影響を与えていくと考えられます。

ペイントカラーやデザインスタイルのトレンドを知ることは楽しいですよね!でも、好みに合うこともあれば合わないこともあります。お好きなものだけご自分のスタイルに取り入れていってくださいね!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: