2019-11-14

2020年の流行色は?アメリカのペイント会社がお薦めするピンク

アメリカの最大手ペイント会社と言えばSherwin-Williams(シャーウィン・ウィリアムズ)とBenjamin Moore(ベンジャミン・ムーア)。

両社ともペイントの品質が素晴らしく、色の選択肢も豊富で、全米中のプロ達から信頼されるペイント業界トップ2のブランドです。

この二社が毎年終盤に発表する、翌年にイチオシするカラーには大きな注目が集まり、トレンドを左右すると言われています。

◆ シャーウィン・ウィリアムズ発表の2020年の流行色

先日はSherwin-Williamsが発表した2020年のお薦めカラーを以下の記事でご紹介しました。

ネイビー

最近復活しつつある、マーブルやメタリックを使ったアールデコ調スタイルに合う色として、深くムーディーなネイビーをお薦めしています。

ネイビーの取り入れ方

ネイビーのような濃い大胆な色を取り入れる方法として、記事では以下の三つをご紹介しています。

  • クッションやシーツ、絵画などアクセントとして使う
  • キッチンやバスルームのキャビネットドアに塗る
  • リラックスして過ごしたい部屋の壁全体に塗る

さて、今回はBenjamin Mooreが発表した来年のトレンド色をご紹介します。

◆ベンジャミン・ムーア発表の2020年の流行色

ベンジャミン・ムーアは2020年のトレンドカラーとして、ニュートラルで扱いやすい優しい色のパレット10色を発表。中でも特にピンクをお薦めしています。

First Light 2102-70

Courtesy of Benjamin Moore

ピンク

“ホーム”をテーマにインスピレーションを得た色がこのFirst Light。

ホームとは、安心感を与えてくれるもの、居心地よく幸せな場所です。

繊細なパステルピンクはまさにホーム。どの部屋の壁に塗っても嫌味にならず万人受けする色ですね。

Courtesy of Benjamin Moore

相性の良い色

ニュートラルなので、どんな色のデコレーションにも溶け込む扱いやすい色です。特に白やベージュと相性が良いとされています。黒にも合いますね!

◆他ブランドもピンク推し

2020年はピンク色の年になりそう!

なんと、ピンクを推しているのはベンジャミン・ムーアだけではないのです。

Valspar(バルスパー)のお薦め色

バルスパーは、大手ホームストアLowe’sのオリジナルのペイントブランドでしたが、2017年にシャーウィン・ウィリアムズに売却されました。

バルスパーが推しているのはBombay Pink(ボンベイ・ピンク)。

つまり、シャーウィン・ウィリアムズもバルスパーというブランドを通してピンクをお薦めしているのです。

Bombay Pinkは明るすぎず大胆になりすぎないピンク。ゴールドと合わせると高級感が出る色です。

Courtesy of Valspar

HGTV(ホーム・リノベーションの人気チャンネル)のお薦め色

HGTVはアメリカの超人気チャンネル。家のリモデルやデコレーション、家の売買などを中心に様々な番組が制作されていて、一日中見ていても飽きません。

その人気テレビ局はシャーウィン・ウィリアムズのカラーパレットの中に HGTV Home by Sherwin-Williams という独自コレクションを展開しています。

Courtesy of Sherwin-Williams

その HGTV Home by Sherwin-Williams が2020年に一番にお薦めする色もピンクなんです。

Romance SW 6323

Courtesy of HGTV Home by Sherwin-Williams

◆まとめ

アメリカのトップ2のペイント会社が両者ともお薦めしているピンク。ネイビーと並んで流行色になりそうです。

繊細で優しいパステルピンクから、ゴールドが似合う深みのあるピンクまで、ピンクに注目ですね!

大きな男が3人もいる我が家にピンクの部屋は合わないかな~。私は小物やアクセサリー、洋服でピンクを取り入れていこうと思います。

2020年のSherwin-Williamsのお薦めカラーについては以下の記事をどうぞご覧ください。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: