2019-10-08

ハロウィンの手作りお菓子!キャンディーコーンを使ったスナック

アメリカでハロウィンのお菓子といえば、昔からキャンディーコーン。

キャンディーコーンは1890年代にフィラデルフィアにある製菓会社から初めて発売されたもので、以来ハロウィーンには欠かせないお菓子としてアメリカ人に愛され続けています。

名前も形もトウモロコシだけれど、バニラ風味の砂糖菓子です。キャラメルをさっぱりさせたような弾力のある食感です。

白、オレンジ、黄色の色合いはハロウィンにぴったり。


また、キャンディーコーンを他のスナック菓子に混ぜると、sweet & saltyのミックスで結構美味しいものです。

私はポップコーン、プレッツェル、m&m’s、キャンディーコーンをミックスしてみました。

オレンジ色のメッシュのリボンをミシンで直線縫いして簡易バッグを作り

中にキャンディーコーンとポップコーンミックスを入れたら

グディーバッグの出来上がり。

 

 

こんな可愛らしいキャンディーコーン、日本にも輸出されてはいますが、あまり売れないので取り扱うお店が少ないそうです。ちゃんと宣伝すれば絶対売れるのに。残念です。

 

 

Tags:
関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: