2019-11-22

車用芳香剤の作り方!エッセンシャルオイルを染み込ませたお洒落なディフューザー

車にイヤな匂いなんてしないし芳香剤なんて必要ないわ、という方でも、これを見たら欲しくなるかも!

エッセンシャルオイルでナチュラルな香りをつけたカー・ディフューザーです。

作り方はとてもシンプル。画像付きで説明していますので、どうぞお試しくださいね。

エッセンシャルオイルはお好みで。

私はティーツリー(tea tree)を使っています。ティーツリーには抗菌、抗ウィルス効果があるので、冬の季節、狭い車内で風邪予防に使うには最適かなと思って。

意外にも次男がものすごく気に入って2つ持って行きました。

車の通風孔にクリップで止めています。

爽やかな心地良い香り〜。気分良く運転できますよ。

ハンドメイド車用芳香剤(カー・ディフューザー)の作り方

私は家にあった羊毛フエルトでフエルトボールを作りましたが、市販されているポンポンかフエルトボールでももちろん大丈夫です。

羊毛フエルトでボールを作る方法と、革ひもでタッセルを作る方法も記載していますので、よろしければご参考になさってください。

材料

  • 小さなフエルトボールかポンポン 3個
  • 革ひもタッセル(作り方は後述します)
  • 針と刺繍糸
  • 長さ2.5センチの小さなクリップ 1個

作り方

1.刺繍糸を二本取りにして使いました。まず一個目のフエルトボールに糸を通し、タッセルをつなげます。

2.一個目のフエルトボールに糸を戻し入れ、二個目、三個目とつなげます。

3.三個目を通したら一回結んで留め玉を作ります。そのままクリップを通し、三個目のフエルトボールに糸を戻し入れます。

4.三個目を出たところで大きな留め玉を作り、またフエルトボールに針を入れて糸を隠し、ボールから出たギリギリのところで糸を切ります。

5.カー・ディフューザーのフエルトボールだけでなく、革のタッセルにもエッセンシャルオイルを染み込ませて使うことができます。

羊毛フエルトを使ったボールの作り方

材料

  • 羊毛フエルト ふわっとまるめてゴルフボールのサイズくらいの量
  • 専用針

作り方

1.羊毛フエルトをぎゅっと小さくまとめて形を整えながらチクチク針を刺していきます。指に針を刺さないように注意!

2.5分間くらい刺し続けると、直径2センチ大の小さなボールになります。

革ひもタッセルの作り方

綺麗な色の革ひもを見つけたので、このディフューザー用に簡単なタッセルを作りました。毛糸で作っても可愛いですよ!

材料

  • 革ひも 12センチの長さのもの5本
  • アクセサリー製作用のリング 1個

作り方

1.革ひもを12センチの長さに切ったものを5本用意します。

2.4本をリングに通し、半分に折って長さを整えます。残りの一本は最後に使います。

3.以下の写真のように糸で縛って革ひもを固定します。

4.取っておいた5本目の革ひもを糸で縛った部分に巻き付けます。裏を少量のホットグルーで留めましょう。私は革ひもを二回だけ巻き付けました。余分な革ひもは切ってください。

5.出来上がり。

まとめ

このカー・ディフューザー、カラフルなフエルトボールと革タッセルが自慢です。フエルトボールは羊毛フエルトを使って作ると安上がりです。小さいサイズなので、5分間ほどチクチクしていると丸く固めることができます。

また、このカー・ディフューザーはエッセンシャルオイルを使っているので香りが爽やかでナチュラル。ホント気持ちが落ち着きます。

ただし、ラベンダーのエッセンシャルオイルを使うとリラックスしすぎて眠くなってしまうかもしれないのでご注意!

私は、 抗菌、抗ウィルス力が強く風邪の予防に効果的なティーツリーのエッセンシャルオイルを使いました。

車を運転して通学する次男が、この冬風邪をひかずに元気に毎日学校へ行けますようにと願いを込めて。

以下の記事では人気のある基本のエッセンシャルオイルとそれぞれの香りの心理的効果について最後の方に記載しています。よろしかったらぜひご覧ください!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: