2019-11-02

アメリカ家庭のクリスマス!おしゃれでゴージャスな屋外の飾り付け

アメリカでは、サンクスギビング(11月の第4週木曜日)が終わるといよいよクリスマスシーズンの到来!各家庭が家の屋根や窓枠にライトを付け、屋外用の飾りをデコレートし始めます。

でも、私の住んでいる町は11月になると気温がガクンと下がり真冬のような寒さになるので、10月の少し暖かい日に屋根や家の前の街路樹にライトを付けてクリスマスの準備を始める家庭も多いです。

時期を逃してしまうと、凍えるような寒さの中、泣きながらアウトドアの飾り付けをすることになるのです😆

◆アメリカ家庭のクリスマスデコレーション

我が家を例に、どんな感じかご紹介します。

街路樹のライトの色を統一

ご近所で相談して、家の前の街路樹に付けるライトの色を統一します。

この通りでは全家庭が街路樹のライトの色をゴールドと緑で揃えます。

以前住んでいた住宅街では赤と緑でした。

クリスマスツリーが外から見えるように飾る

通りから見える場所にクリスマスツリーを飾るのが一般的です。

大きな家になると、大きなクリスマスツリーを2本も3本も用意したりします。

外から見えるクリスマスツリーはデザイナークリスマスツリーと言って、プロがするような『 見せるための飾り付け 』をします。家の奥のファミリールームに設置したクリスマスツリーには、子供たちが作ったオーナメントや写真など、もっと家庭的なデコレーションをします。

ドア周りの飾り

ドアにはクリスマスリース、ガーランドを飾ります。プランターにもエバーグリーンを入れてクリスマスモード最高潮。

プランターの代わりにくるみ割り人形の兵隊さんの置物やランタンを飾る家もあります。

◆私の写真コレクションから

私はクリスマスのデコレーションが大好きで、素敵な写真を見つけるとファイルに集めてきました。

私のクリスマスデコレーション写真コレクションを一部ご紹介します。

Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate
Frontgate

◆私が使っているリースとガーランド

私はクリスマスのデコレーションでは、このFrontgateという会社のサイトが断トツで気に入っています。デザイン、品質がズバ抜けて良く、ウェブサイトの写真もうっとりするようなものばかり。

やたらと褒めてお薦めしていますが、アフィリエイトではありません。

純粋に私が大好きなサイトで、買い物するつもりはなくても、デコレーションの参考に見に行くサイトです。お値段もけっこうするので。

私が5〜6年前に購入した2つのリースと3つのガーランドは、毎年私の家のドア周りを美しく飾ってくれます。小さな豆ライトがたくさん付いていて、バッテリー使用なので電源プラグに差し込む必要はありません。エバーグリーンはたっぷり豊かに使われていて、素材自体も本物っぽくで高級感があります。

◆まとめ

ここまでするんだ〜!!と驚くような素晴らしいクリスマスの飾り付けをしている家が近所にはあります。みんなセンス磨いてるな~と感心。

そういう家々に囲まれていると、私も頑張らなくっちゃと鼓舞されます。

もし皆さんもアメリカの本格的クリスマスのデコレーションに興味があったら、ぜひこのウェブサイトを覗いてみてください。とっても参考になりますから。

FRONTGATE

クリスマスデコレーションの勉強におすすめですよ!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: