2019-12-09

クリスマスのラッピング!おしゃれで海外っぽいプレゼントの包み方

家族や友達にパーフェクトなクリスマスプレゼントを見つけたはいいけれど、どうラッピングしようか迷うことってありまませんか?

せっかくのプレゼントですから、中身だけでなく見た目も素敵なラッピングで相手をハッピーな気持ちにしてさしあげたいものです。

この記事では、素敵なプレゼントをプロの様なラッピングに仕上げるための5つのステップをご紹介します!

また、リボンで作るボウやトッパーというアクセサリーの例も集めてみました。

最後には芸術的にうっとりするほど美しいラッピングの例を6つご覧ください。

クリスマスプレゼントのおしゃれなラッピング方法

ギフトラッピングって簡単そうに思えて、お洒落にしようとこだわるとけっこう難しいんですよね。

綺麗に上手にラッピングを仕上げるためのシンプルなコツをご紹介します。

Step 1

シンプルな形の箱を包むだけだったら簡単ですよね。

なので、変わった形のプレゼントは箱に入れてからラッピングしましょう。箱は1ドルストアでも100均でも様々なサイズのものが手に入ります。クラフトストアやオフィスグッズストアでも売っています。

Dollar Tree
Amazon 5個で$7.99

Step 2

ラッピングペーパーは安くてペラペラでも可愛いデザインのものがたくさんあります。でも、ものすごく破れやすいです。角を折る時にピンとさせようと少し引っ張っただけでビリッ!また、折った部分のプリントの絵が剥げてしまったり。安いから仕方ないんですけどね。

クオリティの高いものはパリッとしていて扱いやすく、裏側にラインが入っていて切る時にとても便利です。

ラッピングペーパーの上にプレゼントの箱を置き、くるっと包んで最後の一面の半分くらいが重なるサイズで切りましょう。ラッピングペーパーが小さすぎても大きすぎても扱いづらいものです。

セロテープを適当な長さに事前に数枚切っておき、テーブルの縁に貼っておきましょう。包みながら切るより断然便利です。

両面テープを使うと、テープが表面に見えないのでより一層綺麗な仕上がりになりますよ!

Step 3

箱を包みます。

このステップは箱を上手に包める方はスキップして進んでくださいね!

こちらの動画の方法では、一辺を2センチほど内側に折ってからラッピングします。ギザギザに切った部分を見せないようにする細かい配慮です。

そして、私たち日本人にとっては一般的なラッピングの仕方(ラッピングペーパーの対角線上に箱を置き、斜めにラッピングしていく方法)はアメリカ人にはあまり知られていないようでちょっと意外です。

Step 4

ラッピングが終わっら、ボウ(リボンで作った蝶々結び)やトッパーなど、アクセサリーでさらに綺麗にしてあげましょう!

リボンを巻いて、複雑な蝶々結びにしたり、タッセルやベル、松ぼっくりを付けたりなど、いろいろなアイディアがあります。この後いろいろな例をまとめています。

BHG

エバーグリーンを添えてもとっても素敵!

Step 5

アメリカでプレゼントのラッピングの仕上げに必ず使われるのがギフトタグです。差し上げる相手の名前と自分の名前を書いたものです。

11 Magnolia Lane

また、ラッピングの仕上げに付けるタグとは別に、開けてパッと見て何かわからないものには品物の表す言葉など(例えば “ラベンダー・シュガースクラブ”とか”カー・ディフューザー”)を書いたタグを、ラッピングする前の品物に直接つけると親切です。

One Little Project

手書きでも良いのですが、プリントアウトしたものだと一層プロっぽくなります。

ボウやトッパーの例とリンク

Step 4で付けるお洒落なボウやトッパーの例です。リンクを参照にぜひトライしてみてください!

ポンポンボウ

BHG

菊のボウ

BHG

ベル

Martha Stewart

モノグラム

11 Magnolia Lane

アンティークのブローチ

引用先不明

ドライオレンジ

RMR

ボタン

Dear Little

羽根とラインストーン

11 Magnolia Lane

エバーグリーンと松ぼっくり

Martha Stewart

芸術的なラッピング

最後にとっておきの素晴らしいラッピングをご紹介します!

House Beautifulというインテリア雑誌から、驚異的に並外れた才能を持つクラフター Eddie Rossの芸術とも言えるラッピングです。

House Beautiful-Eddie Ross
House Beautiful-Eddie Ross
House Beautiful-Eddie Ross
House Beautiful-Eddie Ross
House Beautiful-Eddie Ross
House Beautiful-Eddie Ross

以上6つのラッピングを仕上げる工程をビデオでご覧いただけます。

まとめ

  1. 変わった形の包みにくいものは丁度良いサイズの箱にいれてから包みましょう。
  2. クオリティの高いペーパーを使い、小さすぎず大きくしないサイズにカットします。テープは普通の物でも良いですが、両面テープがお薦め。短く切ったものを数枚事前に用意し、テーブルに留めておきましょう。
  3. 角をきちんと折りながら綺麗に箱を包みましょう。
  4. リボンを巻いて、別に作っておいたボウやタッセル、エバーグリーンなどでデコレートします。
  5. タグを付けましょう。プリントアウトしたものはさらに素敵です。

↓これは例外。リボン、ボウ、トッパー、タグなど付けていませんがとってもおしゃれです!

意気込んでラッピングしたものの「何だかセンス悪くてカッコ悪いな…差し上げるの恥ずかしくなってきた~!」という経験があります。

でも今年はこの方法で絶対おしゃれなラッピングをマスターします!

皆さんもお試しを!

Tags:
関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: