2019-11-17

アドベントカレンダーの作り方!アメリカで見つけた簡単でおしゃれな方法

アドベントカレンダーって、私はお店で売っているチョコレートが入ったものしか知らなかったのですが、実は自分で作ってる方も結構いらっしゃるんですね!

うちの二人のティーンの息子たちは毎年11月末になると「アドベントカレンダー忘れずに買っておいてね!」と、いまだにアドベントカレンダーの中のチョコレートを毎日食べるのを楽しみにしています。

今年は手作りアドベントカレンダーでびっくりさせちゃおうっと。

さて、アメリカのクラフトブロガーたちが紹介しているDIYアドベントカレンダーには手の込んだ素晴らしいものもたちが多数ありますが、今日はその中から簡単でお洒落なものを5つ選んでみました。

小さな紙袋を使う方法

私がいろいろ見た中で、これが一番簡単な方法です。シンプルな白い紙の袋にお菓子を入れて、数字を書いた紙と一緒に洗濯ばさみで留めています。

木の洗濯ばさみってお洒落で使えますよね。

Courtesy of NILS HENDRIK MUELLER

【材料】

  • 白い小さな紙袋
  • 1から25までの数字を書いた黒い紙
  • 木製の洗濯ばさみ

【作り方】

写真を見てお分かりの通り、作り方の説明など要らない簡単なものですが、置く場所、数字を書く紙の色や、周りのデコレーション次第で印象が変わります。

カラフルな紙袋を使う方法

きれいな色のフラットな紙の袋をリボンで飾り、大きな木の板に配色良く貼ります。色の選び方と配置がセンスの見せ所ですよ!

引用元:Tell Love and Party

【 材料 】

  • 紙袋 25枚(この例では24枚)
  • リボン
  • セロテープ
  • 数字のステッカー
  • 大きな木の板

【 作り方 】

1.大きな木の板の上に紙袋を並べ、大体の配置を決めておく。

2.袋の中にお菓子を入れる。

引用元:Tell Love and Party

3.セロテープで封をして、いくつかの袋の表側にアクセントとしてリボンを付け、数字のステッカーを貼る。

引用元:Tell Love and Party

4.木の板の上に袋を並べ、配置を決めたら裏側に両面テープを付けて留める。

カラフルなペーパーバッグを使った他の例を2つ

Jillibean Soup
Bird’s Party

ギフトボックスを使う方法

安く売っているシンプルな茶色の厚紙で出来たボックスを使っています。大小さまざまな形のものを配置に気を配りながら並べているのは先の紙袋の例と同じです。蓋にきれいな包装紙を貼って仕上げます。

引用元:Mod Podge Rocks

【 材料 】

  • 30インチ×40インチのキャンバス(75センチ×100センチ)
  • ペイント
  • 大小さまざまな箱 25個(この例では24個)
  • ホットグルー
  • 包装紙各種
  • 数字のステッカー

【 作り方 】

1.キャンバスにペイントで色を塗る。

2.25個の箱の配置を決める。

引用元:Mod Podge Rocks

3.箱のサイドに色を塗る。

4.箱のふたに包装紙を貼り、デコレーションをして数字のステッカーを付ける。

5.ホットグルーで箱をキャンバスに付ける。

引用元:Mod Podge Rocks

コットンの小さな巾着袋を使う方法

ここでは木の梯子にリボンを渡し、コットン(モスリン)の巾着袋を25枚ぶら下げています。超簡単で可愛らしいアイディア!畳んでしまっておいて何年も使えますね。

梯子がなくても、壁にフックを付けてリボンを渡し、そこに袋を通しても良さそうです。袋を可愛くデコレートするのが大切。

courtesy of DANNIELLE OCCHIOGROSSO

【 材料 】

  • 梯子
  • リボン
  • 3インチ×4インチ(7.5センチ×10センチ)のコットンの小さな袋 25枚

*アメリカのAmazonではCotton Muslin Drawstring Bagsとして50枚単位で売っています。写真の物は50枚で9ドルです。安っ!写真はAmazonにリンクしています。

日本のアマゾンでは『モスリン 巾着袋』でサーチしてみてください。

【 作り方 】

  1. 巾着袋25枚に数字を書き、アクリル絵の具か布用絵の具で絵を描く。
  2. お菓子を入れた巾着袋をリボンに通し、リボンの両端を梯子に付ける。

小さなバケツを使う方法

直径5センチほどのミニバケツをリボンに通して飾る方法です。これも簡単で可愛いアイディアですね!

Courtesy of ANNIE SCHLECHTER

【 材料 】

  • ミニバケツ 25個
  • リボン

*このミニバケツはAmazonで見つけました。12個で$7.49です。25個欲しいけど、たいてい6個か12個単位なんです。アドベントカレンダーは12月1日から24日まで、という説もあるので、24個でも良いかも。1個減って子供たちはがっかりしますね。

日本のアマゾンでは見つかりませんでしたが、ウェディングプランニングの会社のサイトで見つけました。楽天ではカラフルなものを売っています。

【 作り方 】

  1. バケツに1から25までの数字を書き、輪にしたリボンをハンドルに付ける。
  2. バケツに付けたリボンを長いリボンに通す。
  3. ガーランドに添えて飾る。

以下は同じようにバケツを使ったアドベントカレンダーの例です。

引用元:Sugar and Charm

木の板を三角形のツリー型に切り、白いペイントを塗ってベースを作ります。25か所に釘を打ち付けてバケツを引っかけて飾ります。

まとめ

難しいスキルの要らない簡単なアドベントカレンダーをささっと作りたい!と思ってまとめてみました。

  1. 白い紙袋を飾り棚の上に置く方法
  2. カラフルな紙袋をボードの上に貼る方法
  3. 綺麗なギフトボックスをキャンバスの上に貼る方法
  4. 小さな巾着袋をリボンに通してガーランドのように使う方法
  5. 小さなバケツをリボンに通してガーランドのように使うもの

以上5つの方法をご紹介しました。

どれか作ってみたいものがありましたか?

中に入れる子供たちが好きなお菓子を選ぶのも楽しみです。

12月までもうすぐ!11月中に作ってしまいましょう!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: