2019-11-23

秋のテーブルコーディネートはセンターピースで決まる!ちょっと珍しくてとっても美しいアイディア集

アメリカの秋と言えばサンクスギビング!

一年を振り返り、健康に過ごせたことや家族や友達が無事にサンクスギビングを迎えることができたことなど全てのことに感謝し、 テーブルにあふれんばかりのご馳走を皆でそろっていただく日です。

そんな大切なディナーテーブルを、一家の奥さんたちは毎年工夫を凝らして飾ります。

日本人には馴染みのないサンクスギビングですが、その秋のテーブルコーディネートは大いに参考になることと思います。ホームパーティーを開くことの多い方はぜひ参考になさってください。新しいインスピレーションが湧いてくるかもしれませんよ。

秋のセンターピース

テーブルコーディネートの要であるセンターピースの、ちょっと珍しくてとっても美しいアイディアをご紹介します。

想像もしていなかったようなアレンジメント

お花のアレンジメントの代わりにパンプキンやひょうたんなどをたくさん集めて作ったドラマチックなセンターピースです!

木のトレイの上に大きなパンプキンを3つか4つ置き、ひょうたん、ペアー、小ナス、デコラティブキャベツ、アーティチョークなどで隙間を埋めます。仕上げに菊の花をところどころに挿して出来上がりです。

BHG

多肉植物(サッカレント)をパンプキンにアレンジ

フェイクのパンプキンをプランターにして、このところ大人気のサッカレントをふんだんに使ってアレンジします。長く使えるアレンジメントです。

BHG

季節の花をパンプキンにアレンジ

こちらも同じくフェイクのパンプキンを使ったもの。オアシスを使って秋の花を挿していきます。秋の色オレンジとクリームカラーをテーマにしたアレンジです。

BHG

ガーランド

安価で手に入るグリーンとの枝ものをフローラルワイヤーで束ねて作ったガーランドをランナーとして飾り、ところどころにティーキャンドルを置けば素敵なテーブルの出来上がりです。

BHG

マグノリアとユーカリのガーランド

こちらはもう少し豪華なガーランドです。マグノリアの葉、実の付いたユーカリなど様々なグリーンと、赤い実、黄色の実で作ったガーランドをテーブルに置き、ところどころにクレメンタインオレンジを飾ってアクセントにします。

BHG

ディナーの材料をアレンジ

とっても簡単なのに華やかなセンターピースです。背の低いボウルに、スーパーで買ってきたアーティチョーク、ザクロと赤いガーベラを飾ります。

BHG

キャンドルを使ったアレンジ

ガラスのキャンドルホルダー3つのボトム部分にバーラップ(黄麻布)のリボンを巻いて留め、グリーンの枝をはさみます。シンプルなテーブルランナーの上に並べ、間に小さなパンプキンや枯葉を飾ります。

BHG

ニュートラルカラーのセンターピース

シンプルかつ美しいセンターピースのアイディアです。ナチュラルカラーの木のボウルに背の高い白いピラーキャンドルを置き、その周りを白い菊とカーネーション、松の枝と松ぼっくりで飾ります。

BHG

パンプキンのフラワーベース

アイボリーカラーのパンプキンをいくつか用意し、一つか二つは中をくり抜きフラワーベースにし、その中にお花をアレンジします。くり抜かずにそのままのものは多肉植物(サッカレント)を周りに飾ります。高低をつけるために木の切り株を使います。

BHG

スープチュリーンをディスプレイ

足付きのゴージャスなスープチュリーンをディスプレイに使います。オアシスを入れてダリア、菊、スカビオサをメインに挿し、隙間にひょうたんとベリーを飾ります。

BHG

まとめ

秋といえばオレンジ色。パンプキンや枯葉を思い浮かべる人が多いと思いますが、最近は秋のデコレーションにみかんを見かけることが多くなりました。

りんごの代わりにざくろ、また、アーティチョークやキャベツやナスまでも美しいデコレーションにしてしまうのには驚きです!

器もスープチュリーンやパンプキンなど何でもあり。

また、最近は多肉植物(サッカレント)が大人気。高校最終学年のダンスパーティー“プロム”のために長男のガールフレンドがオーダーしたのは美しいサッカレントのブーケでした。

私も今年のサンクスギビングのセンターピースにはぜひ使いたいと思っています!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: