2020-01-09

ドライヤーボールを手作りで!羊毛フエルトで作る省エネ節約グッズ

アメリカでは洗濯物を外に干す習慣がないので乾燥機は必需品です。

一回分の洗濯物を乾燥させるのに毎回一時間もかかり、主婦としては光熱費が気になるところ。そんな心配を解消してくれるのがドライヤーボールです。

ドライヤーボールを使うと乾燥にかかる時間が10~25%短縮され、光熱費を節約できます。また、柔軟剤を使わずに洗濯物をふわふわに仕上げる効果もあります。

今日は環境に優しくて便利なドライヤーボールを羊毛フェルトで作る方法をご紹介します。

手作りドライヤーボールというとウール100%の毛糸を丸く巻いていきボールにする方法が主流ですが、羊毛フェルトを使うと軽く仕上がるので、乾燥機の中でゴロゴロ転がる音が気になりません。仕上げに通常のフェルトシートを切って好みのデザインも作れるので素敵に仕上がります。

エッセンシャルオイルをほんの3~4滴ウールのドライヤーボールに染み込ませれば、洗濯物にお気に入りのナチュラルな香りが付いて気分もアップしますよ。

The Spruce

ドライヤーボールとは

ウール製、プラスチック製、ボール状、ハリネズミ型、サボテン型など、いろいろなタイプのものが市場に出回っています。

ここでは、ケミカルを使わないナチュラルでエコフレンドリーなウール製のドライヤーボールについてまとめています。

原理と効果

ドライヤーボールが衣類やタオルの間で転がることで、洗濯物全体が塊らず均等に熱が入ります。またボールが熱を吸収保持してくれるので、洗濯物をより効率的に短時間で乾かすことが可能になるのです。

また、ウールのドライヤーボールは乾燥機の中で布地を柔らかくしてくれる効果があります。乾燥中ウールのボールが絶えず布地に触れて繊維を立ち起こしてくれるのです。

ケミカルの入った柔軟剤やドライヤーシートを使わずに洗濯物をふわふわに仕上げてくれるウールのドライヤーボールは環境に優しい優れものです。

使い方

ドライヤーボールを効果的に利用するには、一回に乾燥機に入れる洗濯物の量は多すぎないようにしましょう。ドライヤーボールが乾燥機の中でゆとりをもってゴロゴロ動かないと効果がないので、洗濯物の量に注意してください。

野球のボールサイズの大き目のドライヤーボールなら3個、テニスボールより小さいサイズの物なら6個入れて乾燥させると効果的です。

ウールのドライヤーボールはそのまま使っても良いのですが、エッセンシャルオイルで好みの香りを付けることもできます。1個につきエッセンシャルオイルを2~3滴染み込ませれば充分です。程良いほのかな香りが衣類にうつります。

羊毛フェルトを使ったドライヤーボールの作り方

ウールの毛糸をきつく巻いてボール状にする作り方と、ここでご紹介するように羊毛フェルトをニードルで固めてボール状にする作り方があります。

羊毛フェルト30グラムで作ると仕上がりはテニスボールくらいのサイズになります。

材料

  • 羊毛フェルト 約30グラムで1個分
  • 羊毛フェルト専用のニードル
  • 飾り用のカラフルな羊毛フェルトやフェルトシート(オプショナル)
  • いらなくなったストッキングかソックス
アマゾン ¥539
アマゾン ¥1445
Amazon 7oz $9.99
Amazon $9.99

作り方

1.羊毛フェルトをきつく折りたたみながらボール状にする。

2.専用ニードルでチクチク挿して形を整える。

3.模様を付ける場合には、カラフルな羊毛フェルトをのせてニードルで挿しながら固定させる。シート状のフェルトを使う場合には好きな形に切って同様にニードルでボールの上に付けていく。

4.いらなくなった靴下かストッキングにきつく詰め、ボールとボールの間を毛糸などの紐で縛る。

5.高温のお湯で洗剤を使い洗濯機に2回かける。タオルなど高温で洗濯可能なものを洗う時に一緒にすると良い。

デザイン例

羊毛フェルトを使って作るドライヤーボールのデザイン例をご紹介します。シンプルに一色で作ってももちろん良いですが、カラフルな羊毛フェルトでチクチク可愛くお洒落にデザインしたらさらに素敵です。

羊毛フェルトを細長く取り、渦巻き状にデザインします。

Etsy

トンボの図柄

Etsy

どんな模様も自由自在にデザインできます。

Art Club Blog

シート状のフェルトを顔のパーツの形に切り、ニードルを挿してドライヤーボールに付けています。

Knots and Needles

ドライヤーボールで時間も光熱費も節約

家事の時短、光熱費の節約、柔軟剤不要、エコフレンドリーなどなど、良いことづくめのドライヤーボール。乾燥機を使う際に使わない手はないです。

羊毛フェルトで作るものは重量が軽く、デザインも香りもお好みで仕上がるので、ぜひ手作りしてみて下さい!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: