2019-12-03

ピローミストの作り方!お薦めのエッセンシャルオイルとブレンド方法は?

忙しい毎日を送っていると、夜遅くまで仕事で家に帰れなかったり、頭が冴えてなかなか寝付けなかったり、睡眠不足になりがちですよね。

せっかく眠りにつけても、神経が過敏になっていて夜中に何度も起きてしまうなど、不眠は私の息子達の悩みの一つでもあります。

ベッドの中でスマホを見ないとか、寝る前にバスタブに浸かるとか、いろいろアドバイスもしています。

メラトニンを使ったりもしますが、あまり頻繁に使っていると、脳が自分でメラトニンを生成できなくなるとか。

質の良い睡眠を十分に取り健康で元気な毎日を送ってほしい。

不眠がちの息子達が心配でいつも気になっていたところ、見つけたのがピローミストです。ピロースプレーとも呼ばれます。

市販されているピローミストは素晴らしい香りですが、人工的な化合物がいろいろ入っているので、エッセンシャルオイルを使って自分で作った方が安全だし安上がりなんです。

ピローミスト(ピロースプレー)の作り方

枕にピローミストをスプレーすると、香りの効果で心身がリラックスし心地良く眠りにつけます。何週間か続けていると眠りの質が向上して、朝起きる時に楽になっていることに気づきます。

必要なもの

お薦めのエッセンシャルオイルのブレンドについてはこの記事の最後でご紹介します。

  • ガラスのスプレーボトル(100 ㎖または4 oz用)
  • エッセンシャルオイル 20〜25滴
  • ウォッカ(薬局で売っている無水エタノールでも可) 大さじ1
  • 蒸留水(精製水でもOKです)

プラスチック製だとエッセンシャルオイルがスプレーボトルを溶かしてしまう可能性があるので、ガラスの物を使います。

私が使っている商品
アマゾン ¥930

作り方

1.ガラスのスプレーボトルにウォッカとエッセンシャルオイルを入れ、ボトルを軽く振って混ぜる。

2.ボトルに蒸留水を入れる。蓋をした時に溢れないよう入れすぎに注意。

使い方

ベッドに入る直前にボトルを良く振ってから枕の上方にスプレーし、ミストがふわっと枕にかかるようにします。

最初は2吹きするくらいで様子を見てください。香りが強すぎると逆効果なので、心地良いと感じる程度で使いましょう。

ベッド周りだけでなく、ルームコロンや身体にまとうコロンとしても使えます。エッセンシャルオイルによっては、肌に付けた場所に太陽の光が当たると色素沈着を起こすものもあるので注意してくださいね。

エッセンシャルオイルの希釈について

通常エッセンシャルオイルはキャリアオイル(エッセンシャルオイルを希釈するために混ぜる植物性オイル)と混ぜて薄めて使われます。はちみつ、グリセリン、カスティールソープと混ぜることもあります。

今回は布にスプレーするタイプなので、水とアルコールを使ってエッセンシャルオイルを希釈します。布地を傷めたり染みを付けるのを防ぐためにアルコールの揮発性を利用します。

お薦めのエッセンシャルオイルのブレンド

気に入ったブレンドが見つかったら、そのブレンドをなるべく長く使い続けましょう。

毎晩ベッドに横たわる度に、気持ちがゆったりと落ち着く同じ香りを嗅ぐことは、眠る準備をする時間だということを脳に伝える強いシグナルになります。

私が使っているオイルです。18種類セットで$26.99。超お買い得なお値段で品質も良いのでとても気に入っています!

Amazon $26.99

オイルを選ぶ際には100%ピュアかどうかを必ずチェックしてくださいね。キャリアオイルとミックスしているものは安いので飛びつきがちです。私は買って失敗したことがあります。そういうものは香りが薄いんです。

安眠を助けるエッセンシャルオイル

気持ちをリラックスさせ心地良い睡眠に誘う香りで定評があるエッセンシャルオイルを5種類選びました。この中から3~4種類をブレンドするのがお薦めです。

鎮静作用のあるイランイラン

神経系の鎮静作用があり、心身を落ち着かせ熟睡を促す効果があります。

その官能的な甘い香りはフランスの香水の長い歴史においても欠かせない香りとして使われてきました。シャネル No. 5の主成分としても有名です。

また、不安による不眠にも効果が証明されています。

Voyageur

ストレスを緩和させるベルガモット

ベルガモットの柑橘系の香りは、気分をアップさせ、緊張を取り除き、心の中に溜まったイライラした感情を解放させる効果があります。うつの改善にも有効と言われています。

光毒性(光が当たるとその部分の色素が沈着する)なので、ローションに入れるなど肌に付けることは避けましょう。

Plant Therapy

心をリラックスさせるラベンダー

ラベンダーは、押し殺して行き場のなくなった感情を解消するなど、感情のバランスを整え心を落ち着かせる効果があります。心身をリラックスさせ安眠を促します。

感情を和らげるカモミール

落ち込み、嫌悪感、不安といったネガティブな気持ちを緩和させ、安心感と癒しを与えてくれます。神経をリラックスさせる作用で緊張を緩めてくれるので、不眠に効果があります。

心に静けさをもたらすフランキンセンス

呼吸を深め、心に静けさをもたらす作用があります。不安やイライラなど、心の乱れを落ち着かせ、ネガティブな感情や過去から解放させてくれます。瞑想やヨガにも向いています。神経系を鎮静させ強壮するため、抗うつ作用もあります。

Healthline

お薦めのブレンド

100 ㎖または4 oz用 のガラスのスプレーボトルを使うことを仮定して、以下の分量を記載しています。合計で20滴位にしていますが、ボトルのサイズによって分量は変えてください。

また、ここに挙げたブレンドと分量はご参考ですので、それぞれのエッセンシャルオイルの効能を読んでブレンドを変えたり、香りが弱すぎたら量を増やすなどして調節してください。私は強めの香りが好きなので、この分量より5滴ほど多めに入れて作っています。

1. ラベンダー 10滴 ベルガモット 8滴 イランイラン 3滴 (私が使っているブレンドです)

2.ラベンダー 10滴 ベルガモット 6滴 カモミール 5滴

3.ラベンダー 10滴 カモミール 10滴

4.ラベンダー 10滴 フランキンセンス 10滴

5.ラベンダー 10滴 ローズマリー 10滴

6.カモミール 10滴 ベルガモット 5滴  セージ 5滴

まとめ

安眠を助けることで定評のある5つのエッセンシャルオイル。

  • イランイラン
  • ベルガモット
  • ラベンダー
  • カモミール
  • フランキンセンス

ピローミスト(ピロースプレー)に使うのなら、基本的にこの5つのうち2つか3つを組み合わせてオリジナルの香りを作りましょう。

エッセンシャルオイルに加えるウォッカの量も、私は大さじ1杯と少なめですが、レシピによっては蒸留水と半々というものもありますし、正確に量る必要はありません。

毎晩ベッドに横たわる度に良い香りに包まれると、本当に心身がリラックスし落ち着くので、ぜひこのピローミストを作って毎日の習慣にしてみてください。眠りの質が少しずつ改善するはずです。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: