2019-12-29

練り香水の作り方と香りのブレンドアイディア

子供の頃、アンティーク調の綺麗な小さな器に入った練り香水を母からもらい、手首の内側にそっと塗って、ちょっと大人になったようなワクワクした気分を楽しんだ思い出があります。

軽くほのかに香る練り香水はスプレータイプの物より香りが強くないので普段使いに最適です。液漏れする心配がないのでもち運びにも便利。

そんな練り香水ですが、実は自宅で簡単に作れるんです。

エッセンシャルオイルを使うので香りがナチュラルだし、材料も全て自然素材で安心です。

おばあちゃんからもらった古いロケットに入れるととってもお洒落!

Crunchy Betty

一度に作る量で小さな容器に何個もできるので、大勢の友達に差し上げるちょっとしたプレゼントとしても素敵です。

この記事ではビーワックス(蜜蝋)を使った基本の練り香水の作り方と、お薦めのエッセンシャルオイルのブレンドをいくつかご紹介します。

練り香水の作り方

驚くほど簡単に作れる練り香水ですが、一番大切なポイントはエッセンシャルオイルのブレンドです。2∼4種類のエッセンシャルオイルを小皿に数滴落としてミックスし、気に入った香りをあらかじめ作っておきます。

もちろん、気に入った香りのオイル一種類だけでシンプルに作っても良いですよ。

ビーワックス(蜜蝋)はキャリアオイルを固形化されるために使います。また、エッセンシャルオイルを肌の表面に閉じ込め、香りを長持ちさせる作用もあります。

ワセリンやニベア、シアバターなどを使う方法もありますが、ビーワックスを使うのが一番本格的。 ビーワックスを使うと適度な柔らかさでしっかりと固まり、綺麗に仕上がります。

スティック状の容器に入れても使いやすくて便利です。

One Good Thing

材料

Amazon 12個セット$11.99

作り方

1.エッセンシャルオイルのブレンドを決める。ここが難しいパート。好みのエッセンシャルオイルを2∼4種類小皿に入れてブレンドを作っておく。

2.小さなボウルにビーワックスを入れ、湯せんにかけて完全に溶かす。キャリアオイルを加えて良く混ぜ、温める。

3.あらかじめミックスしておいたエッセンシャルオイルを一気に加えて火を止める。

4.容器に流し入れる。 急いでしないとすぐに固まってしまうので注意。

a beautiful mess

お薦めのブレンド

ディフューザーやルームスプレー、ピローミストなどで普段お使いのお気に入りのエッセンシャルオイルのミックスで作っても良いですね。

目的別に私のお薦めのエッセンシャルオイルのブレンドをご紹介します。

精神を安定させリラックスさせてくれる香り

  • ベルガモット
  • パチュリ
  • ブラッドオレンジ
  • イランイラン
  • グレープフルーツ

ロマンチックで優雅な香り

  • バニラ
  • イランイラン

気持ちをポジティブにさせてくれる心地よい香り

  • タンジェリン
  • グレープフルーツ
  • ゼラニウム

気分をアップさせてくれる香り

  • ネロリ
  • スィートオレンジ
  • ライム

シトラス系の香り

  • ネロリ
  • ブラッドオレンジ
  • バニラ

フローラルの香り

  • ラベンダー
  • イランイラン
  • ローズ

ムスク系の香り

  • ベルガモット
  • シルバーファー
  • バルサム

まとめ

市販の香水よりも香りが自然でほのかな練り香水。練り香水は簡単に作れます。

いくつか方法がありますが、私はビーワックス(蜜蝋)、キャリアオイル(私が使っているのはスウィートアーモンドオイル)、エッセンシャルオイルで作る方法です。

ビーワックスを使うと程よい柔らかさでしっかり固まり、見た目がとても綺麗に仕上がります。

エッセンシャルオイルのブレンドはいろいろ試して一番好きな香りを見つけてくださいね!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: