2019-09-23

階段のリフォーム DIY!3か月間かかった大プロジェクト!

D.I.Y.好きの私たちは、家の中の小さなことから大きなことまで、いろいろなリフォームをしてきました。

数年前に今の家に引っ越して来る前の家の話。元々のフロアは明るいオーク色だったのですが、ある年にダークカラーに変えました。階段もその色に合わせないと変だよね、ということで同じダークカラーにすることになったのですが、それが3ヶ月間近くかかった大変なプロジェクトでした。

スピンドルをはずす

スピンドル(手すりを支える棒) をメタルのものに変えるため、もともとの白い木のスピンドルをはずします。

中央をノコギリで切って半分にして、上下それぞれを引き抜きます。けっこう簡単に引き抜けます。

ヤスリをかける

その後、階段全体をペンキで塗るんだったら簡単なのですが、木材なのでそういうわけにはいきません。

粗目の紙ヤスリで表面のニスを綺麗に削り取ったら、次に細かい目のヤスリで丁寧に滑らかに整えていきます。

フラットな部分は電動ヤスリを使えますが、カーブした部分や細かいデコボコの部分は紙やすりを使わなければなりません。

この作業はプロジェクトの中で一番難しく、埃は大量に出るし手は荒れるしで大変。1ヶ月間かかりました。

家中が細かい埃だらけになるので、階段のあるホイヤー(foyer 玄関)のエリアだけを区切るため、巨大なビニールシートを天井から吊るして他の部屋に埃が入らないようにしました。

濡れタオルで何度も拭いて埃を取り除いたら、やっとステインを塗るステップに入れます。

ステインを塗る

古くなったTシャツなど、柔らかいコットン素材の布にステインを染み込ませ、丁寧に木目に色を入れていきます。

翌日表面が乾いたら2度目のステイン。

そのステインが乾いたらニス塗り。

ベッドルームは全て2階なので、プロジェクト期間、階段を使わずに生活をすることはできません。なのでステインを塗る作業は全ステップまとめてせず、一段毎にしたので非常に時間がかかりました。

スピンドルを入れる

メタルのスピンドルは標準サイズでは長すぎたので、一本一本テーブルのこぎりでカットしました。真冬だったので家の中でしなければならず、火花は散るしうるさいしで大変。このパートは夫が全部してくれました。

スピンドルはシンプルなものからデコラティブなものまで、HomeDepotなどホームセンターで1本$10ちょっとの値段で売っています。

スピンドルを入れてハイ終わり!ではありません。

白い木のスピンドルの方が太かったため、手すりと階段に空いている穴も大きいので、メタルのスピンドルを固定させなければなりません。

専用の小さなパーツを上下に取り付け穴を隠し、グリーでしっかり留めます。

完成!

美しく仕上がりました。

今までにない達成感!

しかし、それにしてもこのプロジェクトは素人にはあまりに大変すぎ😭

力尽きました!

ビニールシートでfoyer を隔離したとはいえ、人が出入りする度に埃は他の部屋に入ります。壁にも埃が一面にべったり。シャンデリアの細部も埃まみれ。絨毯の目にも入ります。テーブルは一日何度も拭いてるのに綺麗になることはありません。家がダストフリーになるまでに数ヶ月間かかりました。

このプロジェクト、私は2度とやりません!!やってみたいと思った方はよく考えて下さい😆もしやるのだったらプロに任せましょう!

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: