2019-11-20

秋のテーブルコーディネート!お洒落な色の組み合わせとセッティングのコツ

アメリカでは、ごく普通の家庭でもきちんとテーブルセッティングをして家族や友達が集まって食事を楽しむ機会が最低でも年に二回あります。

サンクスギビングとクリスマスです。

こちらの記事ではサンクスギビングとはどういう日なのかをご紹介しています。ご参考までにどうぞ。

そんな特別な日であるサンクスギビングのテーブルをどうコーディネートしようか迷ったら、まずテーマとなる色のコンビネーションを決め、玄関からテーブル、暖炉の上のデコレーションまでその色で統一するとうまくいきます。

秋のテーブルセッティングで典型的な茶色、オレンジ、黄色の組み合わせも良いのですが、今回はそれ以外の意外な色の組み合わせで見つけた、とっても魅力的なものを3つご紹介します!

◆オレンジと白

オレンジ色は典型的な秋の色ですが、ここで使っているのはもっと明るいタンジェリンカラー。冬には欠かせないフルーツ、みかんです!白と合わせることで清潔感ある爽やかで元気なテーブルになります。フレッシュなグリーンをアクセントに使ってさらハッピーに!

Coco Kelley

コーディネートのポイント

テーブルクロスはシルクの タンジェリンカラー、ナプキンは薄いパステルブルーです。お皿の上には葉の付いたタンジェリンを飾り、ナプキンはシンプルに折りたたむだけでOKです。

Coco Kelley

グラスにはアクセントカラーであるグリーンを取り入れています。

センターピースはテーブルセッティングの要。こんな素晴らしいアレンジメントを作れなくても、白い大きなボウルに葉のついたタンジェリンをたくさん積み上げて代わりにすることもできます。白いキャンドルを何本か飾るのを忘れずに!

タンジェリンを使った秋のテーブルセッティングについてはこちらの記事でもご紹介しています。ぜひご覧ください!

◆ピンクとグレー

ピンクは春の色という固定観念は取り払いましょう!グレーと白、そしてアクセントにゴールドを合わせると、なんともエレガントなテーブルに。

Sugar and Charm

コーディネートのコツ

お皿はマーブルとコンクリートからインスピレーションを得て揃えられたものです。二つの異質な素材を選ぶ上級テクニックですね。

白いリネンのシックなテーブルランナーを使うことでテーブル全体が引き締まります。

テーブルナプキンはきちんと折りたたまず、敢えてくしゃっと軽く結んでいるところがお洒落です。

Sugar and Charm

センターピースにはテーマカラーのピンクがふんだんに使われています。基本的にセンターピースには高さの低いフラワーアレンジメントをお薦めします。タンジェリンのアレンジは高さがあるのでお向かいの人の顔が見れませんよね。

また、いつもと違った少しフォーマルなテーブルにしたい時にはグラスウェアを最低3つ、シルバーウェアもフルセットで並べましょう。ここまでテーマカラーを揃えたら、本当に素敵なテーブルになりますね!

◆白とパープル

よくある白一色のテーブルコーディネートは清潔感漂う上品さが魅力ですが、そこに濃いパープルを加えることでテーブルが一気に華やかになります!

homey oh my

セッティングのアイディア

シンプルなテーブルセッティングです。重ねるセットのお皿やリネンのナプキンを持っていなくても、充分ゴージャスなセッティングができます。

小さめのフラワーアレンジメントをいくつかフォーカルポイントに置き、その間に均等にキャンドル、枝葉、パンプキンを飾ります。ユーカリやセージを飾っても香りが良く、葉の形も素敵なのでお薦めです。

重ねるお皿が足りず、ちょっと寂しいので、ネームのプレイスカードを置きました。

homey oh my

こんなちょっとしたことで、テーブルがさらに華やかに楽しくなりました。

◆まとめ

今年のサンクスギビングのテーブルセッティング、お洒落な色のコンビネーションを選ぶことから始めてみます!

  • 爽やかで元気なオレンジと白
  • エレガントなピンクとグレー
  • カジュアルでも華やかに演出できる白とパープル

さて今年のサンクスギビングのテーブルはどんな色でコーディネートしましょうか!?

秋のセンターピースのアイディアについて、もし興味があればこちらの記事も参考になさってみてください。

Tags:
関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT      CONTACT    SITEMAP    PRIVACY POLICY

%d bloggers like this: